今日は、長沙に来ています。 長沙に来るのは、生まれて2度目です。 前回は、中国茶...

長沙を訪れます。


お越し頂きありがとうございます。m(_ _)m
中国茶に魂を埋めた日本人こと大高勇気です。

今日は、長沙に来ています。
長沙に来るのは、生まれて2度目です。

前回は、中国茶市場のお茶のクオリティを調べに来ました。
その時、感じた事は、茶葉の種類があまり多くない事でした。
かつては、湖南省はお茶も盛んでしたが、今はどうでしょう・・・。

すごく楽しみにしていたのですが、期待を裏切られてしまった記憶のほうが大きいですね。
しかし、それだけお茶の世界は、動きがあると言うことが出来ます。
中国にいて、常に市場を見て、その時、その時、素晴らしい茶葉を仕入れる。

中国茶は、高ければ良いという物ではありません。
クオリティに見合った、価格が重要
私の言葉で「適正価格」です。

仕入れをする段階で茶葉のクオリティを見極めるのは、非常に至難の業です。
えっ?店長なのに、見極められないのぉ??
茶眼(私の作った単語)を養っても見れない部分は多くあります。

茶葉を比べなければなりませんので、最低でも10種類ぐらいのサンプルを取得します。


その中で、じっくりとテイスティングして、このお茶だ!
これが値段とクオリティのバランスが一番!


上記のようなお茶を必ず探してお茶を仕入れています。

長沙は、経済の発展が非常に素晴らしいです。
去年来た時と、今回では大きな差を感じます。
長沙には、外資や外国の企業は少ないそうです。

それなのに、こんなにも素晴らしい発展を遂げるのは、中国の経済力が増しているのでしょう。とても素晴らしい事ですね。このように経済力が増していくと、中国茶もお金お金とならずに、文化や歴史や原形が少しは守られるでしょう。

 


中国国家公認資格・高級茶藝師
 
中国茶の祖国「中国」において中国茶を勉強している一人の日本人です。
中国茶の難しさや楽しみ方を色々な角度から紹介したいと思います。
中国茶・中国茶器通販の事を中心に書いていきます。