洗 茶:蓋碗or茶壺に茶葉を入れ、熱湯を注ぎ、すぐに茶海に注ぎます。     そ...

中国茶専門用語集


お越し頂きありがとうございます。m(_ _)m
中国茶に魂を埋めた日本人こと大高勇気です。

洗 茶:蓋碗or茶壺に茶葉を入れ、熱湯を注ぎ、すぐに茶海に注ぎます。
    そして飲杯に茶を注ぎ、飲杯も温めます。この茶は飲みません。
(開香)  茶葉本来に含まれている香りを解き放つ為にする動作です。
 ※洗茶と開香は、一つの動作を合わせて言うことが多いです。

茶 湯:お茶を淹れ終わった後の湯の色。日本では水色と言われている。

回 甘:お茶を飲んだ後に、鼻から息を出した時のお茶の香りの意。
    お茶によっては、飲んだ後の味の事を言うこともあります。

葉 底:茶葉の事を指します。茶葉の良し悪しでお茶の味がわかります。
    芽が多いお茶は香りが良い。葉が多いお茶は味が濃い。
    お茶屋では必須単語♪

毛 茶:枝のついている茶葉を指します。一般的に安い茶葉を指します。
    私達の安渓鉄観音の90%は毛茶です。上記の意味とは異なります。
    私達の毛茶:枝を付ける技術の元で作られたお茶の意。

茶 眼:店長が作った単語の一つ。m(_ _)m  しかし重要です!
    茶葉を見て茶葉がどれぐらいの等級かを見極める眼です。
    茶葉は眼で見えない部分も多くありますが、見れる部分もあります。

好 茶:これは、一般的に良いお茶を指す言葉です。
    使用するケースとしては、比べる時に良く聞く単語だと思います。

 


中国国家公認資格・高級茶藝師
 
中国茶の祖国「中国」において中国茶を勉強している一人の日本人です。
中国茶の難しさや楽しみ方を色々な角度から紹介したいと思います。
中国茶・中国茶器通販の事を中心に書いていきます。