高いお茶はおいしくありません。 えっ? なぜ? おいしくないの? 上記のように思...

中国茶・中国茶器専門店〈店長と中国茶〉高いお茶はおいしくない


お越し頂きありがとうございます。m(_ _)m
中国茶に魂を埋めた日本人こと大高勇気です。

高いお茶はおいしくありません。


えっ? なぜ? おいしくないの?


上記のように思われましたか??
これが中国茶のまさに醍醐味!


味覚は昔より十人十色という言葉がある通りに、
好きな味は当然違いますね。


お茶もまったく同じことなのです。


自分で飲んで「おいしい」がおいしいお茶です!


何故、このような事をコラムにするのかと言うことですが、これは非常に大事なことです。


中国人の方々のおいしい:「かおり」


日本人の方々のおいしい:「あじ」


中国で売られている中国茶で高い茶葉は、香りが非常に良い茶葉です。
しかし、日本では、「かおり」より「あじ」重視の方が多いですね。


中国で高値で販売されている茶葉を日本人の方が飲まれると、


「???」味がすごく薄い・・・。香りは良いけど・・・。
上記のような感じになられるお客様がすごく多いです。


中国料理一つとっても同じですが、
日本の中華料理は、中国の中華料理とまったく違います。
一番の大きな違いは「油の量」ですね。


その為、地方によって好まれる味がまったく違いますね。


中国でも同じなのです!


南方の方は、「※味の濃いお茶」を飲む機会が多いです。
(※プーアール茶、鳳凰単叢、安渓鉄観音、武夷岩茶、台湾ウーロン茶)


北方の方々は、主に飲まれるお茶が緑茶ですので、非常に軽い味わいです。
北方の方々に濃い味のお茶を淹れても多くの方は好みません。
その為、場所によって好きな味も違うという事ですね。


つまり「おいしい」には大きな差があるのです。


中国茶に関しては、「香りの良いお茶=高値」という値段の決め方もあります。
(あくまでもポイントです。全ての決定要素が「香り」ではありません。)


その為「値段」にも大きな差があるのです。


高いお茶は、おいしくない。


  おいしいお茶がおいしいのです。


中国茶は、自分の好みの味を探すことが醍醐味の一つであるとも思います。


あじ重視
かおり重視
あとあじ重視
かたち重視
いろ重視
舌のかんしょく重視


  ↑上記のように色々なこだわりが茶の中にあります。


皆様も自分がおいしいと感じる素晴らしい中国茶を探しませんか?


おいしい中国茶を見つけたあの「興奮」是非共有したいと思います。


多くのお客様の「言葉にならない感動を・・・」を作れるよう頑張ります。
今後は、お客様に仕入れのような感じでお茶を楽しんで頂けるような事も思案中♪
                     中国支店総経理:大高 勇気

 


中国国家公認資格・高級茶藝師
 
中国茶の祖国「中国」において中国茶を勉強している一人の日本人です。
中国茶の難しさや楽しみ方を色々な角度から紹介したいと思います。
中国茶・中国茶器通販の事を中心に書いていきます。