午前10時に湖南省・株洲へ到着。10時間ほどの列車の旅を終え、やっと、目的地株洲...

湖南省の緑茶を探しに


お越し頂きありがとうございます。m(_ _)m
中国茶に魂を埋めた日本人こと大高勇気です。

午前10時に湖南省・株洲へ到着。
10時間ほどの列車の旅を終え、
やっと、目的地株洲へ到着しました。


その後、荷物を整理した後、
長沙のお茶市場へと出発!
去年訪れた時は、あまり収穫がなかったのですが・・・。
今年は、収穫があることを期待しています!


株洲から長距離バスで1時間半ほどで、到着しました!
そこからバスに乗り、30分でお茶市場に到着しました。
ここ長沙は、卸売り市場がわかりやすいです。
色々な卸売り市場が一つの地域にまとまっています。


お茶市場は、2つあります。
老茶葉市場と、もう一つは新茶葉市場です。
前回行ったときには、老茶葉市場しかなかったのですが、
今回は、新茶葉市場も半分ぐらいですが出来ていました。


老茶葉市場は、前回と同じで緑茶を販売していました。
新茶の時期ですので、色々な緑茶がありましたが、
良い茶葉は、すごく少なかったです・・・。


老茶葉市場をじっくりと見た後、
前回と同じような気持ちになりました。
「また良い茶葉を探せないのか・・・。」
仕方なく新茶葉市場に行きました。


老茶葉市場から歩くこと15分。
新茶葉市場に着きました♪
出来てから1年弱ですので、まだ活気が・・・。
それでも諦めません!


その理由は、
君山銀針」の代理店がこの新茶葉市場にあるからです!
探すこと2分すぐに見つけることが出来ました。
店の中に入って君山銀針を見ると・・・。


これには、さすがに私もびっくりしました。
君山銀針」というブランドを壊す行為とも言えます。
私の目の前に出てきた茶葉は、緑色が綺麗な茶葉。
湖南省の茶葉に詳しい方はわかると思いますが「岳陽銀針」です。


代理店という名を背負っている会社が偽物とは・・・。
しかし、よく見るとコピーという事がすぐにわかりました。
会社のロゴが原産地の会社と違うのです。
しかし、箱のパッキングは本物です・・・。


代理店の社長と話をしました。
そこには悲しい事実が・・・。
機会があればお話させて頂きます。m(_ _)m


心に深い傷を負って株洲へ帰りました。
 


中国国家公認資格・高級茶藝師
 
中国茶の祖国「中国」において中国茶を勉強している一人の日本人です。
中国茶の難しさや楽しみ方を色々な角度から紹介したいと思います。
中国茶・中国茶器通販の事を中心に書いていきます。