中国茶に魂を埋めた日本人こと大高勇気です。今日は、中国国家公認資格「高級茶藝師」...

黄金桂と季節の関係


お越し頂きありがとうございます。m(_ _)m
中国茶に魂を埋めた日本人こと大高勇気です。

中国茶に魂を埋めた日本人こと大高勇気です。

今日は、中国国家公認資格「高級茶藝師」
の勉強をしていた「流花茶藝館」で勉強しました。
そして、評茶の授業で面白いお話が。
(私にとって面白いお話かもしれません。)


中国茶のウーロン種が先生から渡されました。
見ればすぐにわかりますが、福建省南部の青茶
とすぐにわかりました。
簡単に言うと安渓鉄観音種です。
※私が一番好きで得意なお茶です。(^^)


先生が「安渓鉄観音」と仰っていました。
「えっ?安渓鉄観音?」
この時期に安渓鉄観音の新茶があるわけ無い・・・。
中国で「早春」と呼ばれている茶葉。


「黄旦」
↑わかりますか?
 中国茶を学んだ事のある方ならわかると思いますが、
 金の烏龍茶・黄金桂です。


茶葉の大きさ・厚さ・色・茶葉の状態共に、
「早春」の茶葉と当てはまります。
そしてこの時期まだ鉄観音は摘めません。


その後、先生と話をした時に聞きました。
「さっきなぜ安渓鉄観音と言ったのですか?」
「マーケットでこのように言われているからだよ。」
まさに仰る通りです。m(_ _)m


マーケットで「黄金桂」と呼ぶと値が下がります。
安渓鉄観音」と言えば、値が上がります。
見分けられなければ騙されてしまいます・・・。(^^;)


今後、私が責任を持って一つ一つの茶葉を、
細かい説明をさせて頂くことに決めました!
中国茶を楽しみながら勉強しましょう♪
 


中国国家公認資格・高級茶藝師
 
中国茶の祖国「中国」において中国茶を勉強している一人の日本人です。
中国茶の難しさや楽しみ方を色々な角度から紹介したいと思います。
中国茶・中国茶器通販の事を中心に書いていきます。