中国茶は淹れ方がすごく大切です。きっと多くの方がわかっていると思うのですが、実際...

中国茶の淹れ方


お越し頂きありがとうございます。m(_ _)m
中国茶に魂を埋めた日本人こと大高勇気です。

中国茶は淹れ方がすごく大切です。
きっと多くの方がわかっていると思うのですが、
実際にどのようにして淹れれば良いのか?
これをしっかりとわかることが大切です!


当店のHPでは、
1煎目、2煎目、3煎目と書いていますが、
実際は、色々な要素が含まれています。


中国茶の淹れる極意・1煎目

・茶葉は、乾いている状態から始まる。
・茶器を温める。
・茶器にあった茶葉の量を見極める。
・茶葉に適した湯を落とす。
・湯量と茶葉から蒸らし時間を感じる。
・茶器に湯を残してはならない。

上記の点を必ず注意して下さい。


中国茶を淹れる極意・2煎目以降

・1煎目の状態を考える。
・1煎目と2煎目の間の時間も注意する。
・茶の味と香りを調節する必要がある。
・体で時間を感じる事が一番重要。

2煎目以降は、前の味と香りから判断します。
・香りを楽しむのか?
・味を楽しむのか?
この二つはすごく大切な事です。


そして、淹れ方を調節する事によって、
味と香りをコントロール出来ます。
これは一番大切な事ですので覚えておいて下さい。
 


中国国家公認資格・高級茶藝師
 
中国茶の祖国「中国」において中国茶を勉強している一人の日本人です。
中国茶の難しさや楽しみ方を色々な角度から紹介したいと思います。
中国茶・中国茶器通販の事を中心に書いていきます。