中国茶を勉強していくと、茶器の事にぶつかると思います。茶器にも色々とありますね。...

本当に大切な紫砂壺♪


お越し頂きありがとうございます。m(_ _)m
中国茶に魂を埋めた日本人こと大高勇気です。


中国茶を勉強していくと、
茶器の事にぶつかると思います。

茶器にも色々とありますね。
昔から伝わっている2大茶器を少し紹介します。

・蓋碗 gaiwan
この蓋碗というのは、昔から使われている茶器の一つ。
蓋・碗・皿の3つの部分があります。
↓こちらが蓋碗です。


・紫砂壺 zishahu
こちらも有名ですね。(^^)
江蘇省は宜興で作られている紫砂壺です。
色々な形・色々な泥があるのが特徴です。
↓こちらが紫砂壺です。



私の個人的な考えで恐縮ですが、
中国茶の勉強を始めたばかりの方は、
蓋碗をおすすめします。

中国茶というのは、6大分類から始まり、
その中にも、本当に色々な種類があります。
その種類を試して頂くのは中国茶の醍醐味です。

そして、ある程度好きになったお茶が見つかったら、
紫砂壺に移るのがベストだと思います。
好きなお茶と好きな紫砂壺で楽しむ。
その後、好きな紫砂壺を育てるというのがベストです!

紫砂壺は、色々買う必要はないと思います。
まずは、自分が好きな紫砂壺を一つ。
大事に育ててあげることが大切だと思います。

紫砂壺の博覧会 ←こちらです!

育て方なども今後少しずつお話しようと思います。
今後ともどうぞよろしくお願いします。
 


中国国家公認資格・高級茶藝師
 
中国茶の祖国「中国」において中国茶を勉強している一人の日本人です。
中国茶の難しさや楽しみ方を色々な角度から紹介したいと思います。
中国茶・中国茶器通販の事を中心に書いていきます。